歯並びの悩みは矯正歯科で改善しよう!

矯正した歯

綺麗な歯並び、白い歯は誰もがあこがれるものです。
口元の印象は、とても大切で、その人の印象を一瞬で決定づけるといっても過言ではありません。
アメリカなどでは、矯正歯科にかかることは一般的です。
例えば、仕事の出来る人間に見られたいというときに、重要な要素になってくるのが歯並びなのです。
そのため、小さな頃から、みんなは歯並びにはとても神経を使います。

出っ歯や受け口がコンプレックスで、人前に出るのがためらわれ、消極的になってしまうと言う悩みを抱えている人も少なくありません。
これらのコンプレックスは、人格形成にまで、影響を与えかねないのです。
また、出っ歯など、歯並びが悪いと健康にも害を与えかねません。
例えば、噛み合わせが悪く、食べ物がよく噛めない。
話す時に言葉が明瞭でないなどは、日常生活を困難にします。
外見をよりよく見せるのに、矯正歯科が有効なのはもちろんですが、このように、日常生活にまで悩みを抱えているとなると、早急な改善が必要となります。

また、歯並びが悪いと、歯磨きがし辛いので、おのずと虫歯が出来やすくなってしまうというデメリットもあります。
これは、口臭などのマイナートラブルにも繋がってくる恐れがあります。
それほど大切な歯並びですが、では矯正歯科ではどのような治療を行うのでしょうか。

この歯科治療は、ブラケットやマウスピースなどの矯正装置を長期間、歯に装着することによって、歯やあごの位置を少しずつ動かしていくというものです。
矯正装置を付けている間は、多少の痛みや違和感と戦わなければなりませんが、それだけの価値は十分にあり、治療後は真っ直ぐ綺麗な歯並びになります。
また、装置も年々、改良されており、ワイヤーが目立たないものもありますし、歯の裏側に装着するタイプのものもあります。
これにより、矯正中の外見もそれほど気にすることなく、日常生活が送れますので、心配しないでください。
ちなみにマウスピースは、取り外しが出来る器具で多少のずれを矯正するときに使われます。
歯並びの状態が悪く、大きな移動が必要な場合には使われません。

ただし、なかなか気軽に治療に踏み込めない現状もあります。
一番は、やはり治療期間がかかるということです。
数年間、気長に歯医者通いが必要になるので、忙しい人は躊躇してしまうようです。
また、治療費もかかります。
治療自体にもお金がかかりますが、治療後のメンテナンスにかかる費用も考えておく必要があります。