口をきれいにしたいなら審美歯科に頼ろう!

白い歯

日本人は、口元にコンプレックスがある人が多いと言われています。
虫歯や、虫歯を治した後の銀歯などが気になって、大きな口を開けるのに抵抗を感じるという人も多いです。
中には、口元を手で隠す癖がついている人もいるでしょう。

しかし、きれいに治療すれば手で隠す必要はありません。
一般的な歯科医院では、健康保険を適用して治療を行うため、虫歯治療には銀歯を使用します。
銀歯は噛む機能には問題がなくても、見た目には問題があります。
そこで、審美歯科では、銀歯などを一切使用せずに、見た目にこだわった治療をしています。

審美歯科では、銀歯を使用せずにセラミックを使って治療を行います。
セラミックは強い強度を持つ素材ですが、透明感のある白さが特長です。
本物の歯のような質感を出すことができるので、見た目がとてもきれいで、差し歯や詰め物をしているとは分からないほどです。
自然な見た目と、噛み心地が得られる治療です。

また、審美歯科では、口内をよりきれいにするためのクリーニングも行っています。
毎日の食生活で、カレーやお茶などで、茶渋のような着色が歯についてしまいます。
タバコを吸っている人はヤニが歯について、茶色になってしまうということもあります。
そこで、口内のクリーニングとしてPMTCを行っています。
PMTCは専用の機械を使って行うクリーニングのことで、歯の表面のプラークや歯石除去はもちろん、着色まできれいに落とすことができます。
PMTCを行った後の歯はツルツルになり、口内がきれいになるので口臭にも効果的です。

PMTCは着色を落とすので歯の色がきれいになりますが、元々持っている歯の色以上にはきれいにすることができません。
歯の黄ばみが気になるときは、ホワイトニングを行います。
審美歯科のホワイトニングは、歯の内部にまで浸透する薬剤を使用して、内側から歯の色を白くしていきます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、1回の治療で歯を白くすることができます。
ホームホワイトニングといって、マウスピースを使って自宅で行う方法は、繰り返すことで少しずつ歯の色は白くなっていきます。

銀歯や歯の黄ばみなど、お口の中にコンプレックスのある人の悩みを解消してくれるのが審美歯科です。
積極的に活用することで、満足度の高い治療を受けられるでしょう。
きれいになった口元は、見ている人に清潔な印象を与えるだけでなく、若々しい印象も与えることができます。