オールオン4なら楽しい食生活を取り戻せる!

食事中

人間の歯は、乳歯から永久歯へと、1度きりしか生え変わりが行われません。
そのため、永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯が生えてくることはなく、歯のない状態になってしまいます。
歯がないというのは、見た目だけの問題ではありません。
発音にも問題が出てしまいますし、噛む機能も低下してしまい、食事を選ぶようになります。

すべての歯が抜けてしまった場合は、総入れ歯を使って治療を行います。
けれども、総入れ歯というのは、粘膜の上に樹脂でできた入れ歯をのせているだけなので、外れやすく、噛みにくいため食生活を限りのあるものにしてしまいました。
好きな物ではなく、やわらかいものばかりを食べるというのは、決して楽しいものではありません。

そこで、オールオン4という治療ができました。
オールオン4は、入れ歯ではなくインプラントを使った治療です。
インプラントとは、歯のない部分の骨にチタン製のネジを手術によって埋め込み、その上に人工の歯を装着するというものです。
従来のインプラント治療は失った歯が多ければ多いほど、チタン製のネジを多く埋め込む必要がありましたが、オールオン4はたった4本のネジですべての歯を支えられるように設計されています。

オールオン4のメリットは、患者さんへの負担が少ないという点です。
本数が少ないので、体の負担も少なく、痛みも少ないです。
もちろん、手術には麻酔を使用するので、治療中に痛みを感じることはありません。
費用も安く、手術した日に即日退院でき、仮歯まで装着して帰ることができるので大変快適です。

骨の少ない高齢者でもオールオン4の成功率は高い数字を出しています。
10年を超える成功率は90%を超え、ほとんどの患者さんが10年以上使い続けていることが分かります。
オールオン4は見た目がきれいな治療ですが、何より食生活の変化に驚く患者さんが多いです。

総入れ歯では噛むことができなかった食べ物も、自分の歯のように噛むことができるからです。
噛み心地も自然で、本物の歯のように使うことできるので、食事内容を選ぶことがありません。
固さなどを気にすることなく、自分が好きな物を食べることができるというのは、とても楽しいことです。
活きる楽しみにもつながり、食べることができるので、体の健康にもいい影響を与えます。
オールオン4は、患者さんに食べる楽しみを再び感じさせることができる治療として、人気が高まっています。
実際に治療を受けた患者さんの評判を聞いて来院する患者さんも増えています。